日本キックボクシング連盟真門ジム

伊丹市にジムを構えて30年以上、NKB日本キックボクシング連盟に加盟し選手育成に励み数多くのチャンピオンを輩出する事が出来ました。 個々の特性を重視した指導により選手達は翼を手にしたかの様に活き活きと実力を発揮し、リングで自身を表現する事に目を輝かせました。また引退した選手が支部の代表となりまた新たな若い選手を育成し活躍を見せています。山岡会長の血を受け継ぐ若者達のこれからの活躍に大いに期待出来る事でしょう。あくなき追求心を胸に進みながら、そのキックボクシングにソフトに触れて頂き、より多くの方に楽しんで頂く事にも事にも力を注いでいきます。やってみたい!強くなりたい!真門ジムはその挑戦の気持ちを応援します。

真門ジム支部一覧

支部一覧

伊丹市

真門伊藤道場

伊丹市

真門小暮道場

伊丹市

真門team sol

神戸市

真門谷道場

箕面市

真門中岡道場

西宮市

真門高嶺ジム

指導員のご紹介

伊藤道場支部長 伊藤陽二

プロフィール

NKB 日本キックボクシング連盟 フェザー級2位真門伊藤道場 支部長 伊藤陽二

コメント

1990年代 真門ジムの創世記に入会して、青春時代を真門ジムで過ごしました。チャンピオンにはなれなかったけど、キックを通して色々な事を学ばせて頂きました。
今は指導者として「明るく 楽しく 激しく」をモットーに毎日の練習を頑張っています!現在は、4歳のお子様から48歳のまでの方が、キックボクシングを楽しんでおられます。
頑張る事は、楽しいと私は、キックボクシングを通じて知る事が出来ました!この気持ちを皆様にお伝えする事か出来ましたら嬉しいです。

真門team solコーチ 若生浩次 

プロフィール

NKB日本キックボクシング連盟 元ミドル級チャンピオン
真門team solコーチ 若生浩次

コメント

先日、小学1年にチームメンバーとなり今年中学2年になった子が大きな大会に出場しました。対戦した相手は過去に2度戦っていて2回負けている子でした。試合数日前に「試合に勝つ確率は?」と聞くと「85%です(^^)」と言えるところまで試合に向けて対策も立て練習を頑張りました。しかし試合は判定負けし3度目の敗北を喫してしまいました。しかし彼の顔はどこか晴れやかでもありました。”やるだけの事はやった”と言う感情が表情に出ていたのかもしれません。次の日からまた部活に行きそしてキックの練習を再開させました。次の目標に向かって”やれるだけの事”をやってくれるのだと思います。熱い気持ちを持った子達をみているとコーチの私自身が力をもらってしまいますね本当に。楽しくも厳しいトレーニングを積み重ねて自分を成長させる事に面白みを見出してもらいながら目標に向かって直向きに進んでいきたいと思います

真門高嶺ジム支部長 高嶺幸良

プロフィール

前NKBフライ級1位・バンタム級1位
現バンタム級2位 高嶺幸良(1973年生まれ)

コメント

継続は力なりを心情として現役プロ生活・指導をさせて頂いております。
ダイエット、ストレス発散、体力向上、私も身を持って体感しているキックボクシングの素晴らしさを皆様にお伝えできるようサポートさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

谷 真臣

プロフィール

第10代 元NKBフェザー級チャンピオン

コメント

普段はデイサービスセンターの管理者として高齢者のリハビリを行なっており、現在は真門谷道場代表として真門キックボクシングの指導をさせていただいております。
キックボクシングは楽しい、そして人生に大いに役に立つ!ということを1人でも多くの方に知っていただきたいと願っております!

真門ジム本部トレーナー ユースケ

プロフィール

14代NKBフェザー級チャンピオン

コメント

現役を退きトレーナーになり、選手育成トレーナー兼会員様のコーチングをしております。
今現在この時期だからこそ、キックボクシングという高強度のトレーニングを通じて、運動不足解消ストレス解消をサポート致します。
真門ジムで充実して健康になりましょう。

真門小暮道場 支部長 小暮 章夫

プロフィール

元NKBフェザー級
プロ、アマで10戦ほど経験するが、仕事との両立の厳しさから断念し引退。その後、本部にて山岡会長から指導論を学び、現在は金型製造会社の専務取締役として従事する傍ら、2021年3月にオープンした真門小暮道場にて、キックボクシングの楽しさを伝えるために活動中。

指導員補佐 伊藤 千飛

プロフィール

真門伊藤道場 指導員補佐
幼少期から父(伊藤陽二)の指導でキックボクシングに明け暮れる。父の指導はキックは全く教えず、パンチに特化したスタイルにこだわる。そのスタイルで数々のタイトルを取り、TVの有吉ゼミで那須川天心選手の弟(龍心選手)と熱い対戦を繰り広げて2度特集される。
現在は高校生になり、道場で後輩達の指導をしながら父を助けている。
パンチに特化したスタイルは闘う舞台を広げてボクシング部に所属し、さらなる飛躍を目指しながら只今青春爆進中。

キックボクシング戦績
ジュニア日本統一王座
一40キロ第4代王者
一40キロ第3代王者
一35キロ第2代王者
関西ジュニア王座
一40キロ 15代王者
一35キロ 14代王者

ボクシング戦績

2019年
第6回全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦
中学生男子の部 39キロ級 第1位

2017年
第10回U-15ボクシング全国大会
小学生の部 32.5キロ級 優勝
最優秀選手賞獲得

西南支部長 中岡 秀夫

プロフィール

NKB日本キックボクシング連盟 元フェザー級10位
箕面市 西南支部長

コメント

どなたにでも楽しんで頂けるキックボクシングを目指しております。
先ずは1か月体験してみて下さい。

フォトギャラリー